自動ドア修理専門館

自動ドア修理専門館

MENU
RSS

自動ドアの修理部品は純正品を使いましょう

自動ドア修理の部品は、メーカーの純正品を使うようにしてください。自動ドアには多くの部品が使われていますが、ちょっとしたパーツで自分で取り替えても問題ない部品なら、自分で修理をする事もできます。その場合、ホームセンターなどに売っている汎用品が安いとしても、メーカーの純正品を取り付けるようにしましょう。汎用品でも問題の無い事が多いですが、耐久性や信頼性に関してはメーカーの純正品にはかないません。メーカーは何度も試験を繰り返し、そのドアに適したパーツを取り付けているので、自動ドアの修理を行う時にはメーカーの純正品を取り付けましょう。

メーカーの部品は、メーカーに電話をすれば、自分で交換しても問題無いパーツなら取り寄せる事ができるはずです。自動ドアの修理部品などを販売しているお店があれば、そうしたお店で購入できる可能性もあります。自分で簡単に安全な修理できる以外は、専門の修理業者に依頼をする事になりますが、修理業者が使う部品もきちんとチェックをしてください。修理業者の中には純正品以外のパーツを使って修理をするところもあります。その場合パーツ代が安くすむので全体の修理費用が下がり料金が安くなる可能性もありますが、安全性を考えると純正品を使うべきです。業者は自動ドアを問題なく安全に稼働できるように修理するのが第一の目的ですので、交換のパーツは純正品を使う所が良心的と言えるでしょう。コストを下げる代わりに安全性も下がるような修理は行うべきではありません。メーカーの修理部門などに頼む場合には心配する必要はありません。メーカーが試験をして安全が認められた部品のみを使って修理をします。自動ドアの修理を依頼する時には、純正品が使われるかも重要視してください。

自動ドアの動きがおかししなと思った時には

自動ドアの動きがおかしい時には、自動ドア修理の業者に連絡してください。何か動きが変だなと思いながらも、その状態を放置しておくと、大きな事故につながりかねません。自動ドアは人が出入りをする場所なので、自動ドアの故障によって動きに異変があれば、ガラスに人がぶつかったり、ガラス扉に人が挟まれたりします。そうなると大きなケガを負う可能性がありますので、自動ドアの設置者の責任として、故障が疑われるような時には修理業者に連絡をしましょう。自動ドアの動きがおかしいなどの故障の原因は様々ですが、明らかに異常な動きをしている場合にはセンサーの異常が疑われます。

自動ドアはセンサーによって人の出入りを感知しているので、このセンサーが故障をすれば正しい動きをしません。ドアが開くべき時に開かなかったり、開いたり閉まったりを繰り返すような動きが見られたりします。ただ見た目で動きがおかしいだけなら良いですが、中に人が居る状態でも扉が閉まってしまうような動きをすれば大変です。センサー異常によってそのような異常な動きをする事は考えられますので、何か動きがおかしいな、と思った時にはセンサー異常を疑って業者に連絡をしてください。何となくドアの動きに引っかかりが感じられるような場合、ドアの隙間、下のレール部分などに異物が挟まっている事が多いです。そのような時には異物を取り除く事で動きを正常に戻せます。人の出入り時に小石などが挟まってしまう事はよくあるので、自動ドアのレールなどはこまめに掃除をするようにしましょう。ただし自動ドアを動かしたまま掃除をするのは危険です。必ず電源をオフにし、自動ドアの動きを止めてから掃除をするようにしてください。

自動ドアの故障時は、まずはマニュアルでチェック

自動ドア修理を行う前には、故障箇所の確認が第一です。ドアが閉まらない、動きが鈍くて異音がする等、様々な症状がありますが、何が原因でその状態が起きているのかをチェックするようにしましょう。もちろん調べても故障の原因がわからない事の方が多いと思いますが、調べてみたらドアの隙間に異物が挟まっていただけ、と言った事もあります。その場合には異物を取り除けば通常通りに動くようになり、問題は解決されます。

故障かなと思った時には簡単で良いので、どこか変わった状態になっていないかをチェックしてみてください。どの部分をチェックすべきかなどは、自動ドアのサービスマニュアルなどの記載されている事が多いです。故障と思われる症状と、その症状を引き起こしている原因が記載されていて、チェック項目にしたがえば自分で修理できるようになっています。自分でメンテナンスできる範囲を超えていたり、故障の原因がわからない状態であれば、専門の業者に依頼をしてください。自動ドアのマニュアルや保証書にサポートの問い合わせが書かれているはずですし、自動ドアの目立たないところにステッカーなどで修理部署への連絡先が書かれていたりします。自動ドアが壊れると、お店などの場合にはお客さんに迷惑をかけることになります。自動ドアの故障が原因でお客さんに怪我をさせる可能性もあるので、一通りマニュアル通りにチェックをして自分で直せない場合には、速やかに修理業者に依頼をするようにしてください。故障した状態で自動ドアを動かすと危険ですので、ドアを開けっ放しにしておくと重大な問題がある時などののぞき、電源をオフにして開いたままにする等の応急的な対策をとる方が賢明です。

自動ドアの欠損部分と修理方法を分析してみよう

電気回路による制御とドアを開け閉めする物理的な可動部分とで自動ドアは構成されています。長い期間使用しているとこのどちらもが作動不良を起こし、専門家による自動ドア修理が必要になってきます。

センサー部分には物体の通行を検知する無目地センサーが搭載され、これが作動不良を起こすと自動ドアが反応しなくなるので、交換修理が必要になります。補助光電センサーという自動ドアに物が衝突した時にドアが開閉するセンサーも搭載されています。補助光電センサーが故障してしまうと常にドアが開いた状態になってしまうため、同じく部品交換で行う必要があります。他にもタッチセンサーという装置が組み込まれており、こちらは故障だけでなく電池消耗でも動かなくなるので専門家を呼んで修理してもらってください。このあたりはこちらのサイト(http://homeinsurancess.com)の情報が正確です。可動部分では自動ドアの上下に取り付けられている滑車の部分が摩耗し、異音が発生する事があるので専門家に修理を依頼しましょう。これら修理方法の中で修理依頼が一番頻繁に発生するのがタッチセンサーで、2年から3年で電池を完全に消耗してしまうため適時修理を依頼してください。尚どの修理方法でも費用には基本技術料が掛かる事が多く、これに諸経費と部品代と取付交換作業量が発生します。ただし可動部分の修理はグリスアップ等の簡単な修理で治る事も多く、安価に修理できるので部品への負荷がかかる前に適切な修理をしてもらってください。自動ドアの保険サービスに加入している場合は、部品代のみの場合が多いので自動ドアを設置する際に保険サービスへの加入も検討しておきましょう。注意点として自動ドア修理業者が設定している時間外修理に該当する時間は、緊急派遣料として自動ドア修理費用が高くなる事を留意してください。